cart-icon

森美術館 書籍 | MAMリサーチ003:ファンタジー・ワールド・スーパーマーケット―インドネシア現代美術のアプローチ、実践、思考 1970年代のニュー・アート・ムーブメントから現在まで

¥1,100(税込)

インドネシアに現代美術が誕生したきっかけのひとつとされる、インドネシア・ニュー・アート・ムーブメント。なかでも1987年に行われた「ファンタジー・ワールド・スーパーマーケット展」を、現在の現代美術との結節点として中心に据えた展覧会「MAMリサーチ003」の記録集です。
1930年から始まるインドネシアの美術史年表、ムーブメントに関わった4人のアーティストのインタビュー、ステートメント、論考など充実の内容で、今世界的な注目が集まるインドネシアの現代美術を知るための必読書です!

言語:日英バイリンガル


"MAM Research 003: Fantasy World Supermarket - Approaches, Practice and Thinking Since the Indonesia New Art Movement in 1970s"

The Indonesian New Art Movement is one of the catalysts for the birth of contemporary art in Indonesia. This book is a record of the exhibition held in 2016 “MAM Research 003: Fantasy World Supermarket - Approaches, Practice and Thinking Since the Indonesia New Art Movement in 1970s” which centered on one of the Indonesia new art exhibition "Fantasy World Supermarket" held in 1987 as a node with the current contemporary art practice. With a chronological table of Indonesian art starting in 1930, interviews with four artists involved in the movement, statements, and discussions, this is a must-read for learning about Indonesian contemporary art, which is currently attracting worldwide attention!

Languages: Japanese-English bilingual