展覧会カタログ | 六本木クロッシング2022展:往来オーライ! Roppongi Crossing 2022: Coming & Going

¥3,740(税込)

Exhibition Catalogue


 

第7回目の「六本木クロッシング2022展:往来オーライ!」は、1940年代~1990年代生まれの日のアーティスト22名を紹介。本書は、共同企画したキュレーター4名(天野太郎、レーナ・フリッチュ、橋本梓、近藤健一)による本展を解説する論考をはじめ、参加アーティスト22名の本展で発表される新作を含む作品図版や展示風景、出品作品解説、略歴、文献リストなどを掲載。
※「六本木クロッシング」は、森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、2004年以来共同キュレーション形式で開催してきたシリーズ展。

The seventh edition in the Roppongi Crossing exhibition series showcases works by 22 Japanese artists (all born between the 1940s and 1990s) and artist groups. This exhibition catalogue features critical essays by four co-curators of the exhibition, Amano Taro, Lena Fritsch, Hashimoto Azusa, and Kondo Kenichi, description of works/artists, plate pages and more.
* Roppongi Crossing is a series of co-curated exhibitions staged every three years by the Mori Art Museum, first launched in 2004 to provide a snapshot of the contemporary Japanese art scene at a particular point in time.

サイズ:A4変形(28.2×21cm)
ページ数:226ページ
言語:日英バイリンガル/Japanese-English bilingual
発売日:2023年1月27日
編著:森美術館
発行:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 美術出版社書籍編集部

※2023年1月下旬より順次発送を予定しております。

森美術館ショッピングバッグをご希望の方は こちらからご購入ください。


※当サイトに掲載されている文章、画像の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.